軽井沢に行きたいけど・・・

想い出の「くるまや」ラーメン

若鶏檸檬
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
若鶏檸檬
軽井沢に行きたいけどなかなか軽井沢に行けないわたくし若鶏檸檬が、本人の食生活などを垂れ流すことを目的とした、グルメ、軽井沢、さぶかる、無駄使い、思い出などで構成する残念な番組って感じ。とりあえず適当にやるから適当に見て下さいって感じ。 一般社団法人・日本唐揚協会カラアゲニストって感じ。 別サイトでGOGO俳句道もやってます。見に来てね。

誰しもひとつは思い出のラーメンがあるでしょう。

若鶏のそれは・・・、「くるまや」。

 

初体験は、今から約35年ほど前。

中学生時代の部活の夏合宿、千葉は館山でのこと。

食べ盛りの年頃、深夜にお腹を空かした輩たちが、先輩後輩の垣根を越えて

寮の裏手の国道沿いにある「くるまや」へと吸い込まれていくのは必然でした。

 

あのころのラーメンといえば、正統派の醤油系か、どさん娘や札幌ラーメンなどの味噌軍団が

街道沿いを賑わしていた戦国時代でした。

そんななか、産湯がラーメンスープとまで言われるラーメンの聖地・荻窪産の若鶏としては刺激的すぎる出会い。

そう。まさにあれは「味の暴力」。

初めてコーラを飲んだ少年のような驚き!

小学生時代に、新宿二丁目のマスターに頼んでもいないのにランチ大盛りにされてしまう刺激!

あの味噌ラーメンには失うことが不可能なほどの記憶が刷り込まれているのです。

 

まあそんな感じで想い出バイアスがかかるのよ。

だから通りがかる「くるまや」は全て立ち寄ることにしてるのよね。

で、久々来店なんだけど、こちらの環七青井店は建て替えて綺麗になってるわ。

ネオンも看板も美しい。




 

それでは襟を正して入店。

 

新しい店はベタつき感がないわね。

 

さてカウンターへ。なるほど。

でもこれには引っかからないわよ。

 

ほんとは環七走行中からオーダーは決まっていたのよ。

とりあえずメニューを見るふり。

 

ふむふむ。なるほどですね。

 

そしてお冷を持って来たと同時に、

35年のキャリアを見せつけるかのごとく唱える!

「ネギ味噌ラーメン・ぎょうざ。サービスライスは無しでいいです」

決まったわ!痺れるオーダー!

 

そして新しい店内を見渡しながら、各部をチェック。

そして、

 

来たわね。

このネギが欲しかった!

そして若鶏の最も信頼しているおつまみタイプのぎょうざ。

 

間違いない。

スープも相変わらずチョレイ!感が出てるわ。

素晴らしい。

 

 

店内もいい感じに混んでるのえね。

今日は土曜日だけあって、親子連れが多いんだわよ。

黒エプロン腕組み系の店と違ってアットホーム感が好きです。

 

そして名残惜しくも完食。

あ~美味しかった。また通りがかったら必ず寄ります。

ごちそうさまでした。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村

グルメランキング
↑軽井沢やグルメの様々なブログをお楽しみください↑

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
若鶏檸檬
軽井沢に行きたいけどなかなか軽井沢に行けないわたくし若鶏檸檬が、本人の食生活などを垂れ流すことを目的とした、グルメ、軽井沢、さぶかる、無駄使い、思い出などで構成する残念な番組って感じ。とりあえず適当にやるから適当に見て下さいって感じ。 一般社団法人・日本唐揚協会カラアゲニストって感じ。 別サイトでGOGO俳句道もやってます。見に来てね。

- Comments -

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Copyright© 若鶏檸檬のGOGO軽井沢! , 2019 All Rights Reserved.